11月30日 「本みりんの日」


 

 

 

 

「本みりんの日」制定の趣旨

「本みりん」は上品な甘み、旨み、香り、テリ、ツヤ等の調理効果を有する日本の伝統的な酒類調味料です。

しかし、残念なことに、アルコールが1%未満の「みりん風調味料」や塩分を含んだ「発酵調味料(料理酒など)」が、「本みりん」と区別されずに使用されているケースも多くあります。

そこで本みりん業界では「本みりん」の良さをもっと多くの消費者の皆様に知っていただくために「本みりんの日」を制定いたしました。

11は「いい」、30は「みりん」の語呂あわせで、「いいみりん=本みりん」で、11月30日を「本みりんの日」といたしました。

また年末は、鍋物や煮物、おせち料理など「本みりん」の最需要期であり、消費者の皆様に「本みりん」の良さを知っていただくのに最適な時期であると考えています。

私たち「本みりん」を製造する者として、これからも、日本の食卓を豊かにするため「本みりん」の品質を高める努力を行ってまいります。

今後とも「本みりん」をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

  

1.「本みりん」の調理効果

効果1. ふっくら上品な甘み。

砂糖は強い甘み。でも、本みりんは温和な甘み。その違いは、砂糖の成分が甘みを強く感じるショ糖なのに対し、本みりんに入っているブドウ糖やオリゴ糖などの糖類は、どれも甘みが柔らかいので、その分、料理がまろやかで上品な仕上がりになります。

効果2. テリ&ツヤ。

本みりんを、お酒と砂糖で代用してもダメなんです。テリ&ツヤ効果が格段に違いますから。複数の糖類が食材の表面に膜をつくり、テリとツヤをつけながら素材の水分や旨みを保ちます。

効果3. 煮くずれ防止。

糖とアルコールが働いて、煮くずれしない。だから見た目が美しいだけではなく、食材の旨みを外に逃がしません。

効果4. 深いコク&旨み。

原料のもち米から生まれる、アミノ酸やペプチドなどの天然の旨み成分と糖類、その他の多種多様な成分が複雑にからみあって、豊かなコク、深い味わいが生まれます。

効果5. 味がしみこむ。

まず、アルコールが素早く食材にしみこみ、同時に、旨み成分アミノ酸や糖類などの味もしみこみやすくなります。また、醤油や味噌などの調味料とも相性がよく、味をまとめる効果もあります。

効果6. 消臭。

熱が加わりアルコール分が飛ぶときに、アルコールと一緒に魚や肉の臭みも飛び、さらに、アミノ酸と糖類も生臭さを消す役目をします。

   

2.「本みりん」と「みりん類似調味料」の違い

  

本みりん

みりん類似調味料

みりん風調味料

発酵調味料(料理酒など)

原材料

もち米・米こうじ

醸造アルコール・糖類

など酒税法で定められた

原料

糖類・米・米こうじ

酸味料・酸味料

調味料など

米・米こうじ・糖類

アルコール・食塩など

製法

糖化熟成

ブレンドなど

発酵・加塩・ブレンドなど

アルコール分

約14%

1%未満

約14%

塩分

0%

1%未満

約2%

 

  会員社

 

明石酒類醸造 株式会社

川石本家酒類 合資会社

江井ヶ嶋酒造 株式会社

菊川 株式会社

キッコーマン食品 株式会社

キリン協和フーズ 株式会社

玉泉堂酒造 株式会社

合同酒精 株式会社 

札幌酒精工業 株式会社

宝酒造 株式会社

中国醸造 株式会社

中野BC 株式会社

日新酒類 株式会社

本坊酒造 株式会社

株式会社 宮崎本店

メルシャン 株式会社

ヤヱガキ酒造 株式会社

養命酒製造 株式会社

九重味淋 株式会社

 

 

 

事 務 局

東京都中央区日本橋3−8−2 新日本橋ビル4階

全国味淋協会内 「本みりんの日」事務局

T E L

03−3281−5316

F A X

03−3281−5310